更新時の期間の違い


借地法と借地借家法における違いとして、次に紹介するのは借地権の更新を行なった場合、その後の存続期間がどのように設定されるようになっているのか、ということについてです。これについて、新法である借地借家法においては、短く設定されるように更改が行われました。1回目の更新においては20年、2回目の更新においては10年として設定されるような仕組みとなっているのが特徴です。
家の模型

一律で30年が期間であるということを考えると、更新の度にこの期間が短く設定されていくことは重要な変化であるといえるでしょう。ただし、これらについてはいずれの場合においても、「長い期間」を当事者間で決定して定めることは可能となっています。この点においては、借り主側が強いシステムとなっていると考えられるでしょう。

対して、旧法の場合については更新が行われる場合についても、基本的に初期の期間を引き継ぐような仕組みとなっていました。つまり、堅固な建物である場合については更新時にも30年、堅固でない建物である場合には20年が契約期間となる仕組みとなっていたということです。この他にも、新法と旧法においては建物の朽廃時の取扱などにも違いがありました。