借地権とはなにか


不動産の運用、あるいは賃貸としての運用などを考える場合においては、関連する法律についての把握をしておく事が重要になります。特に貸主となる場合については、自分の不動産の運用が法律的に不利になってしまう可能性がないかどうかということについて敏感になっておく必要があるでしょう。そこでここでは、不動産運用に関係する法律の1つとして、借地権に関する法律について紹介します。まずは、借地権というのがどのようなものであり、どのような意味を持っているのか、ということについてです。

借地権には大きく2つの種類が存在しています。1つは地上権とよばれるもので、もう1つは貸借権と呼ばれるものです。それぞれに違った意味が存在しているため、この部分についてもある程度把握をしておく必要があるでしょう。地上権というのは、その権利を登記することができる種類のものとなっています。そのため、地上権の土地上にある建物を売却するなどのことを行なう事ができるようになっています。しかし、貸借権の場合についてはそれらを行なうためには貸主の承諾を得なければならない、という仕組みとなっています。

また、この借地権について把握する時、実は大きなポイントとなる部分として「旧法と新法の違い」があります。この法律は更新が行われたことによって、違いが生じるようになりました。そこでこの先では、旧法と新法において具体的にどのような違いが生じるようになったのか、ということについて紹介します。