変更のタイミング


それでは、借地権の旧法と新法の違いについて紹介するに当たって、まずはどの段階においてこの法律が変化したのか、そしてこの法律の変化はどのような場合において適用されるものであるのか、ということについて簡単に紹介します。この借地権についての記載が行われている法律は借地借家法という法律であり、この法律の更改が行われたのが平成4年、1992年となっています。この段階において旧法であった借地法については廃止されるようになっていますが、ここでポイントとなっているのは、この段階において全ての取扱が新法適用のものとなっているわけではないということです。

旧法時代において取引が行われた土地に関しては、旧法適用のままで使用されるようになっているのが特徴となっています。新法によって新たに追加されている定期借地権というものも存在しているものの、そうでない場合、つまりは通常の普通借地権についての取扱である場合については、取扱時期によって旧法適用であるのか新法適用であるのかに違いがあります

借地を行なう場合については、これがどちらの適用であるのか、ということについては十分把握を行なっておく必要があるでしょう。では、違いについても紹介します。